中学受験 塾

MENU

中学受験の抑えどころとは

中学受験で確実に点を取っておきたいのは、難しい問題からではありません。
それよりも、基礎問題を完璧にこなせる力を身につけておいたほうが確実です。
中学受験を受けるとなると「難問と呼ばれる問題が解けなければ受からない」と思われがちですが、それはよほどレベルの高いところで、普通の受験校レベルであれば基本的な問題を解けるようにしておけば大丈夫です。

 

例えば算数であれば、基礎的な計算問題、定番の文章題、小問、など毎年必ず出題されている問題というのがあります。まずはその出題傾向を抑えておき、確実に点を取れるようにしておきましょう。
頭をかなり使わないと解けない問題も確かに5割くらいを占めますが、まずは基礎問題を解ければ平均点は確保できます。

 

また、基礎をしっかり身につけておかないと算数は特に後から分からなくなってくる可能性が高いです。
心配な場合は塾に通わせるのも一つの対策ですので、こちらで事前に知識を得ておきましょう。参考元:http://www.e-juken.jp/
成績が伸び悩んでいるというのであれば、なるべく早く分からなくなった単元から勉強し直してみることが大切です。分からなくなった根本を辿れば、意外と簡単に後の問題が解決できるようになることもあります。
算数のような演習重視の教科の場合は例題を解けるようにして、似たような問題を何問も解いていきましょう。

 

社会や理科のような暗記科目であれば、空き時間を利用して毎日コツコツと覚える量を増やしていくと良いです。
何より大切なのは勉強自体を嫌いになってしまわないことです。楽しく勉強できるような取り組み方を考えていきましょう。
塾ではこのような中学受験にむけての勉強方法を実践できるので、自宅での勉強が苦手な場合は塾に通うことを考えてみてはどうでしょうか。